PSYGIG サーモグラフィーソリューション
AI搭載サーモカメラとWEBプラットフォームを組み合わせることで、

コロナ対策を自動化&見える化。

ソリューション内容

1. AI搭載サーモカメラ

据置型のサーモカメラのため、設置工事は不要です。
送料・初期導入費用も一切不要です。
コンセントに繋ぐだけで即日利用開始できます。

<検温に必要なものはすべて含まれています>
・サーモカメラ内臓デバイスユニット
・モニター
・スタンド
・ケーブル
2. WEBプラットフォーム

サーモカメラが取得したデータをPC/タブレットから確認できます。

複数拠点のサーモカメラの情報も、1台のPC上で一括確認できます。
発熱検知履歴はcsvファイルでのエクスポートも可能です。

<確認できるデータ>
・発熱検知履歴
・発熱対象(被写体)の画像
・人数カウントデータなど

2. WEBプラットフォーム

サーモカメラが取得したデータをPC/タブレットから確認できます。

複数拠点のサーモカメラの情報も、1台のPC上で一括確認できます。
発熱検知履歴はcsvファイルでのエクスポートも可能です。

<確認できるデータ>
・発熱検知履歴
・発熱対象(被写体)の画像
・人数カウントデータなど

本ソリューションの特徴

POINT 1 発熱検知時、アラートメールを受け取れます

サーモカメラが指定した閾値(例:38℃以上)の発熱を検知した場合、WEBプラットフォームで予め設定したメールアドレス宛に自動でアラート通知を送ります。複数人への同時一括通知も可能なため、関係者各位へのコミュニケーションをスムーズにできるほか、担当者が不在のときも、他の人が通知を受け取って速やかに対応できます。

< 特徴 >
✔ アラートの閾値を自由に変更可能
✔ その場にいない担当者にも、複数人同時に一括通知
✔ アラートメールに発熱対象(被写体)の画像を添付可能

担当者がいなくても大丈夫
発熱者本人にも、音でお知らせ

平熱の場合、温度とチェックマークが緑色で表示されます

発熱を検知した場合、温度と警告マークが赤色で表示されます
※設置環境に合わせて、アラート音をOFF/好きな音声に変更できます

平熱の場合、温度とチェックマークが緑色で表示されます

POINT 2 日時別の発熱検知履歴をWEBで確認できます

サーモカメラが検知した発熱情報はWEBプラットフォームに送信されるため、WEBプラットフォームにログインすれば、「いつ、どこで、何度の熱を検知したか」についての履歴をタイムライン形式で確認できます。組織ごとにアカウントを発行するため、同一企業が複数拠点に導入したサーモカメラの情報を、1つの画面で一括確認できます。

< 特徴 >
✔ サーモカメラが取得した情報を保存可能
✔「いつ、どこで、何度の熱を検知したか」をタイムライン形式で確認可能
✔ 複数拠点のサーモカメラ情報を1つのWEBプラットフォームで確認可能

POINT 3 自動人数カウントで、過密対策にも活用できます

AIを搭載したサーモカメラが、カメラ設置場所に出入りする人数をカウントし、リアルタイムでWEBプラットフォームに送信します。送信されたデータは自動でグラフ化されるため、PCまたはスマートフォンから閲覧可能。カメラ設置場所における日時別の人口密度をグラフでチェックして、過密対策に役立てることができます。

< 特徴 >
✔ 出入りする人数を自動でカウント可能
✔ 日時別の人数をカウント・集計し、自動でグラフ化
✔ サーモカメラ設置場所(1拠点/複数拠点)の人数データを確認・共有可能

POINT 4 マスク未着用検知時、自動音声で着用喚起できます

その場でのマスク着用喚起だけでなく、
日時別のマスク着用状況をWEBで見える化します

POINT 5 各拠点のサーモカメラのデータを組織内外で共有できます

POINT 6 外部システム連携で、シームレスなデータ共有を実現します

社内メールやMicrosoft TeamsやSlackをはじめとする社内コミュニケーションツールと連携できるため、
オフィスビルや商業施設、会員制施設における発熱検知状況・マスク着用状況をカンタンに保存・共有できます

POINT 7 ハードウェアの交換不要で、新機能を利用できます

製品ラインアップ

選べる4種類のサーモカメラ

ニーズに応じて、お好きなサーモカメラ1種+WEBプラットフォームプラン1種をお選びいただけます
ご利用シーンに合わせて、4種類のサーモカメラをご用意しました(1人ずつ立ち止まらなくても、カメラの前を素通りした人を複数人同時に検知可能です)

  BASIC
 画素数|160x120ピクセル
 測定精度|±0.3℃ (黒体使用時)
 測定推奨距離|0.5~2m
 測定推奨人数|~3名
 CPU/GPU速度|★

  BUSINESS
 画素数|160x120ピクセル
 測定精度|±0.3℃ (黒体使用時)
 測定推奨距離|0.5~2m
 測定推奨人数|~3名
 CPU/GPU速度|★★★

  PRO
 画素数|320x240ピクセル
 測定精度|±0.3℃ (黒体使用時)
 測定推奨距離|0.5~5m
 測定推奨人数|~20名
 CPU/GPU速度|★★★

 ULTRA
 画素数|640x480ピクセル
 測定精度|±0.3℃ (黒体使用時)
 測定推奨距離|0.5~20m
 測定推奨人数|~50名
 CPU/GPU速度|★★★

選べる3種類のWEBプラットフォームプラン

FAQ

Q. 導入にあたって必要はものはありますか?
A. 収集データの確認用に、PCまたはスマートフォンが必要ですが、検温に必要なものはすべてセットにしてお届けします。

Q. 導入までにどれぐらい日数がかかりますか?
A. 目安は1.5週間~1カ月です(在庫状況によっては、お時間をいただく場合があります)。

Q. わざわざサーモグラフィーを導入しなくても、体温計を使えばいいのでは?
A. 建物に出入りする人数が少数の場合、1人1人に体温計を渡して体温計測することは十分可能ですが、サーモグラフィーは、不特定多数の人数が出入りするような、1人1人検温することが難しい場所、常時人を配備することが難しい場合におけるスクリーニング用途に適しています。

Q. 費用対効果があるか不安なのですが...
A. サーモカメラは、感染者を特定するためではなく、あくまでも人の表体温度を測定するため、発熱者を検知するための第1スクリーニングをサポートするものです(サーモカメラで発熱者を検知した後も、非接触型体温計などで再度体温測定を実施することを推奨しています)。弊社のソリューションでは検温のみならず、マスク着用確認や過密対策業務もご支援できるため、スタッフの業務負担の軽減はもちろん、スタッフおよび来客者の双方にとってのストレスフリーなコロナ対策ソリューションとしてご検討いただければ幸いです。

Q. コロナウイルスが終息した後はどうすれば?
A. サーモカメラは、夜間の防犯・徘徊検知などにも活用できます。また、付属のモニターおよびスタンドは、デジタルサイネージとして引き続きご利用いただけます。さらに、弊社では画像解析AIも対応可能ですので、「カメラ×AIを使ってXXXをしてみたい」などのご相談があれば、お気軽にご相談ください。

Q. 無料トライアルはありますか?
A. 大変恐れ入りますが、在庫品薄のため、現在トライアルを中止しております。

Q. 品質保証はありますか?
A. お届け日より1年間の品質保証付きです。

Q. 補助金・助成金の対象になりますか?
A. サーモカメラが補助金・助成金の対象に含まれている場合、申請いただけます(申請用に、社印付きのお見積り書を発行いたします)。

導入実績

コワーキングスペース
大学
オフィスビル
オフィスビル
宿泊施設
娯楽/サービス
公共交通機関
公共交通機関
都内大崎駅近くのコワーキングスペース『TUNNEL TOKYO』様よりコメントー
『都内ではコロナウィルスの影響が懸念されております。サーモグラフィ―ソリューションを導入することで、スペース内の混雑状況や発熱データを会員のみなさんにもWeb上で共有できるようになります。今回の試験導入で、コロナウィルスを出来るだけ未然に防ぎ、またコワーキングスペースの状況を把握できるようにすることで、会員さんが安心して施設を利用できるようになれば嬉しいと思っています。会員のみなさんが判断する際のインプットを提供することで、施設側と会員側が一体となって感染拡大防止に向けて取り組める仕組みをつくりたいです。』

自治体・企業様とのコラボ例



feat. 東急不動産様
SHIBUYAスタートアップ100
~渋谷ソラスタにて従業員の検温を実施~


東京都事業
TOKYO ROBOT COLLECTION
B. 都市型複合施設のニューノーマル
実現に向けた実証
~来館者のマスク着用状況を自動チェック~




feat. 福山市 先端技術推進室様
実証実験まるごとサポート事業
「withコロナをスマートに」
~過密対策にヒートマップを自動作成~






feat. 福山市 先端技術推進室様
実証実験まるごとサポート事業
「withコロナをスマートに」
~過密対策にヒートマップを自動作成~



メディア掲載

日本マイクロソフト様
Plug and Play Japan様
Plug and Play Japan様

PSYGIG株式会社について

弊社の強みはリアルタイムでセンサーデータを取得~処理~可視化~管理することにあります。中でも、ドローンなどの移動体に搭載されたセンサーデータをクラウドに集約することで、リアルタイムデータ処理のノウハウを蓄積してきました。
移動体の稼働状況をリアルタイムで監視し、異常が起きたときにデータにもとづいた迅速な対応を可能にするためには、エッジ処理を通じてリアルタイムでクラウドにデータを集めることが必須です。

我々は、これまでドローンなどの移動体におけるセンサーデータで培ったノウハウを通じて、新型コロナウイルスの感染拡大防止に寄与したいと考えました。
そこで誕生したのがこのサーモグラフィ―ソリューションです。

コンピュータ―ビジョン搭載サーモカメラとクラウド(WEBプラットフォーム)を組み合わせることで、みなさまの検温と過密対策をWでサポートします。

PSYGIG株式会社

〒141-0033
東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー 9階 トンネル東京
設立:2017年2月代表:Gary King Man Lo(ロ・キング・マン・ゲイリー)
事業内容:モビリティー・アイ・オー・ティー・プラットフォームおよびそれに関連するコンピュータシステムおよびソフトウェアのデザイン、設計、開発、調査、配信、販売、運営、保守およびコンサルティング
主要株主:DG Incubation, DNX Ventures, Genesia Ventures, STRIVE (GREE Ventures)

お問合せ:info@psygig.com
公式サイト:https://psygig.com/

導入にあたってうれしいポイント

<導入にあたって嬉しいポイント>
① 設置工事不要
② 全国発送可能
③ 検温に必要なものはすべて含まれています
④ ご自身で組み立て後、電源(コンセント)につなぐだけで即日利用可
⑤ ご購入後もメール/電話でサポート。機能追加リクエストも常時受付
AI搭載サーモカメラを導入して、
検温、マスク着用喚起、過密対策を自動化しよう。